MPS

個人情報について

愛知名港花き卸売事業協同組合個人情報保護指針

愛知名港花き地方卸売市場(以下、「当市場」という。)開設者である愛知名港花き卸売事業協同組合(以下、「当組合」という。)は、当市場関係事業者のお客様の個人情報(以下、「個人情報」という。)について、個人情報の保護に関する法律をはじめとする関係法令等(以下、「関係法令」という。)に基づき、下記のとおり「個人情報保護指針」を定め、これら個人情報の適切な取扱及び管理に努めてまいります。
(基本的考え方)
1 当組合は、個人情報の取扱について、関係法令を遵守します。
(管理者の設置)
2 当組合は、個人情報の取扱及び安全管理について、当組合内部の責任体制を確保し適切な管理に努めるため、個人情報保護管理者を置きます。
(利用目的の特定)
3 当組合は、個人情報を取り扱うに当たっては、次の通りその利用目的を特定します。
(1)当市場の管理・運営を適切かつ円滑に行うため
(2)当組合の事業(共同購買事業、共同精算業務、共同宣伝事業、集荷促進事業、教育情報事業、福利厚生事業等)を適切かつ円滑に行うため
(利用目的による制限)
4 当組合は、あらかじめ本人の同意を得ないで、特定された利用目的の達成に必要な範囲を超えて、個人情報を取扱いません。ただし、他の法令に基づく場合や、やむを得ない理由により本人の同意を得ることが困難な場合、国等の公共団体等が他の法令の定める事務を遂行する場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるときなどは除きます。
(適正な取得)
5 当組合は、偽りその他不正の手段により個人情報を取得しません。また、取得に際して、本人との間で契約を締結することに伴って契約書、その他の書面(電子式記録を含む。)に記載された当該本人の個人情報を取得する場合や、その他本人から直接書面に記載された当該本人の個人情報を取得する場合は、あらかじめ本人に対して、その利用目的を明示します。
(正確性の確保)
6 当組合は、利用目的の達成に必要な範囲内において、個人情報を正確かつ最新の内容に保つように努めます。
(安全管理措置)
7 当組合は、その取り扱う個人情報の漏洩、滅失又は毀損の防止、その他の個人情報の安全管理のために、必要かつ適切な措置を講じます。
(職員の監督)
8 当組合は、その職員に個人情報を取り扱わせるに当たっては、当該個人情報の安全管理が図られるよう、当該職員に対する必要かつ適切な監督を行います。
(委託先の監督)
9 当組合は、個人情報の処理の全部又は一部を外部業者に委託する場合には、その個人情報の安全管理が図られるよう、外部業者を当組合の管理下に置き、必要かつ適切な監督を行います。
(第三者提供の制限)
10 当組合は、あらかじめ本人の同意を得ないで、個人情報を第三者に提供しません。ただし、他の法令に基づく場合や、やむを得ない理由により本人の同意を得ることが困難な場合、国等の公共団体等が他の法令の定める事務を遂行する場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼす恐れがあるときなどは除きます。
(開示)
11 当組合は、本人から、当該本人の個人情報の開示を求められたときは、本人に対し、法令で定める方法により、遅滞なく、当該個人情報を開示します。ただし、本人又は第三者の生命、身体、財産その他の権利利益を害する恐れがある場合、当組合の業務の適正な実施に著しい支障を及ぼす恐れがある場合、他の法令に違反することとなる場合、その全部又は一部を開示しません。
(訂正等)
12 当組合は、本人から、当該本人の個人情報の訂正などの請求があった場合は、本人確認後、適切に対応させていただきます。
(苦情の処理)
13 当組合は、個人情報の取扱に関する苦情について、適切かつ迅速な処理を行います。
(雑則)
14 この指針に記載のない事項が発生した場合には、個人情報保護管理者は、当組合役員と協議の上定めるものとします。
附則
 この指針は、平成24年4月1日から施行します。

ページのトップへ戻る